Q&A

4.その他

Q4-1.「共済手帳受払簿」の記入方法について詳しく教えてください。

(説明)

  • 決算期毎の「共済手帳受払簿」ですので、決算期内に更新した共済手帳がある場合は、処理欄と次回共済手帳交付日の年月日は同日になります。
    また、処理欄は共済手帳の更新・退職金請求などを行った年月日を記入してください。


  • 手帳受払簿
    ダウンロード/計算システム     見る/PDF    記入例を見る   

  • 【例:1】
  • 被共済者氏名 建設一郎
    被共済者番号 487654321
    所持している共済手帳  
    [平成16年5月1日交付(冊目−3)]を平成17年5月1日付けで4冊目に共済手帳を更新した場合。



  • 【例:2】
  • 被共済者氏名 退職太郎
    被共済者番号 487654322
    所持している共済手帳  
    [平成16年10月1日交付(冊目−4)]を平成16年11月1日付けで退職したので本人に共済手帳を返還した場合。



  • 【例:3】
  • 被共済者氏名 土木花子
    被共済者番号 487654343
    所持している共済手帳  
    [平成16年10月1日交付(冊目−5)]を平成16年12月30日付けで退職したので、退職金請求書に共済手帳を添付し、請求手続きをした場合。



  • 【例:4】
  • 被共済者氏名 設備三郎
    被共済者番号 487654354
    所持している共済手帳  
    [平成16年10月1日交付(冊目−2)]を本人所在不明のため、建退共に平成17年2月28日付け共済手帳の返納をした場合。





  • 上記1.の被共済者の場合、更新した結果、共済手帳は、平成17年5月1日交付・4冊目になります。


  • (注)既に手帳を所持している者を新たに雇用したときは、雇用年月日を(1)の手帳交付年月日欄に記入してください。
アンケートにご協力下さい。


このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)
注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。