Q&A

1.加入について

Q1-4.外国企業または、外国人労働者は加入できますか。


日本国内で建設業を営む事業者であれば、外国法人も加入することができます。 また、建設業を営む事業主に雇用されている労働者で、建設業の現場で働いている者であれば、国籍を問わず、加入できます。

(説明)

4ヶ国語の言語に対応した外国語版の「制度のあらまし」があります。

アンケートにご協力下さい。


このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)
注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。