・加入の手続きは事業主が行います。
 
建設業を営む事業主が建設業退職金共済制度と退職金共済契約を結び、共済契約者となります。
 
共済契約者は建設現場で働く労働者を被共済者として建設業退職金共済手帳共済手帳といいます。)の申込みをします。
 
※手続きは建退共の都道府県支部を窓口として行います。
 
※退職金共済契約は事業主が行なうものであり、労働者自身が結ぶことはできません。ただし、一人親方は任意組合を通して加入することができます。