建設業を営む事業主が契約者、建設現場で働く労働者が被共済者となり、働いた日数に応じて掛金を納めていく制度です。
 
事業主は、被共済者に交付される共済手帳に、掛金となる共済証紙を貼付していきます。
掛金は全額事業主負担、1人1日あたり310円です。
 
共済手帳 共済証紙
 
建退共制度は建設業界全体の退職金制度です。そのため、複数回会社が変わったとしても、それぞれの納付期間を全て通算して退職金は支払われます。
 
退職金は当機構から直接被共済者に支払われます。